ヨガのポーズをとるときの注意点

ヨガでアーサナと呼ばれるポージングを行うときには、いくつか留意しておくべき注意点があります。
まず、メンタルバランスを安定させること。平穏な心持ちで行うことが重要で、ヨガでは、筋トレのように、体に大きな負担をかけたりはしません。強い負荷は体を痛める原因になるので無理をしないようにしなくてはいけません。あまり気負わず、心地よいと感じるレベルで行うようにしなくてはいけません。

また、ポーズの正しさに固執しない方が良いでしょう。ヨガは精神的な部分と身体的な部分、この2つに焦点を当てていきます。必ずしも身体的なポージングの正しい間違っているといったことが重要なわけではありません。体の調子に合わせて椅子を使ったり適度なところで負荷をかけるのをやめたりすることも大事なことです。

そして最後に、自分の体の内面を意識することです。ヨガの大きな目的は自分自身を知ることにあります。自分の体に何が起きているのかを常に意識しこのポーズをとったとき体のどこがどう感じるのかといったことを感じ取るようにしてください。その先に瞑想の境地があります。